竹山護夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
竹山 護夫
生誕 (1943-02-24) 1943年2月24日
死没 (1987-11-30) 1987年11月30日(44歳没)
国籍 日本の旗 日本
研究分野 思想史(日本近代)
研究機関 山梨大学
出身校 京都大学(学士)
東京大学(修士)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

竹山 護夫(たけやま もりお、1943年2月24日 - 1987年11月30日)は、日本近代政治思想の研究者。

略歴[編集]

  • 竹山道雄の長男として東京に生まれる。1987年逝去。生前著作はなかったが、平川祐弘などにより近年著作集が刊行され再発見されつつある。

学歴[編集]

職歴[編集]

著書[編集]

  • 北一輝の研究(竹山護夫著作集 1巻)、名著刊行会〈歴史学叢書〉 2005
  • 大正期の政治思想と大杉栄(同 2巻) 2006
  • 戦時内閣と軍部(同 3巻) 2007
  • 昭和陸軍の将校運動と政治抗争(同 4巻) 2008
  • 近代日本の文化とファシズム(同 5巻) 2009
  • 古代中国から近代西洋へ(同 補巻) 2009。表題は平川祐弘と共著

翻訳[編集]

  • 幸徳秋水 日本の急進主義者の肖像 F.G.ノートヘルファー 福村出版 1980