竹内三賀男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

竹内 三賀男(たけうち みかお、1923年大正12年)9月15日 - 2014年平成26年)6月5日)は日本の実業家、元旭食品社長。高知県高知市出身。現・旭食品社長の竹内成雄は長男。

略歴[編集]

  • 1923年(大正12年) - 寿亀の三男として生まれる。
  • 1943年(昭和18年) - 中央大学専門部を卒業。
  • 1949年(昭和24年) - 旭食品企業組合常務理事に就任。
  • 1956年(昭和31年) - 株式会社に組織変更し、代表取締役専務に就任。
  • 1976年(昭和51年) - 同社代表取締役副社長に就任。
  • 1983年(昭和58年) - 同社代表取締役社長に就任。
  • 1995年(平成7年) - 同社代表取締役副会長に就任。
  • 2004年(平成16年) - 同社代表取締役相談役に就任。
  • 2014年(平成26年)6月5日午後0時31分 - 老衰のため、東京都内の老人ホームで死去、90歳[1]
  • その他、日本青年会議所副会頭、高知市議会議長などを歴任した。

受章・受賞[編集]

参考[編集]

  • 交詢社 第69版 『日本紳士録』 1986年

脚注[編集]

  1. ^ 竹内三賀男さん死去 元旭食品社長 有名人の葬儀 2014年6月9日