章亜若

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
章亜若
プロフィール
出生: 1913年
死去: 1942年8月
出身地: 江西省南昌市
各種表記
繁体字 章亞若
簡体字 章亚若
拼音 Zhāng Yáruò
和名表記: しょう あじゃく
発音転記: ヂャン ヤールオ
テンプレートを表示

章亜若(しょう あじゃく、1913年 - 1942年8月)は中華民国総統蒋経国の寵愛を受けた女性。蒋経国との間に章孝厳章孝慈の2子を儲けた。原籍は浙江省

章貢濤と母周錦華の間に出生する。幼少期は南昌女中に学び「才女」と称される。1926年、当時18歳の唐英剛と結婚、唐遠波、唐遠輝の2子を儲けるが、後に唐英剛が自殺すると江西州へ移り、州行署専員として赴任した蒋経国の秘書として勤務するようになる。1939年文書担当に、後に蒋経国の秘書を勤め、その間に蒋経国の寵愛を受け1941年に妊娠、流言を避けるために広西桂林に移り、その地で1942年1月27日、乳名大毛、小毛の双子を出産する(その後蒋介石により孝厳、孝慈と命名)。

1942年8月死去する。蒋経国の前途の障害になると考えられ謀殺されたとの説もあるが、確固たる証拠は現在まで発見されていない。

系図[編集]

 
 
蒋肇聡中国語版
 
王采玉
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蒋介石
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
毛福梅
 
 
姚冶誠
 
 
陳潔如
 
 
宋美齢
 
 
 
 
 
戴季陶
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蒋方良
 
蒋経国
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
章亜若
 
蒋緯国
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蒋孝文中国語版
 
蒋孝章中国語版
 
蒋孝武中国語版
 
蒋孝勇
 
方智怡中国語版
 
章孝慈中国語版
 
蒋孝厳中国語版
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蒋友柏
 
林姮怡中国語版
 
蒋友常中国語版
 
蒋友青中国語版