空想部落

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

空想部落』(くうそうぶらく)は、1936年から朝日新聞の夕刊に連載された尾崎士郎の小説。翌年単行本として出版され、1939年に映画化された。作家が多く住んだことから昭和初期に馬込文士村と呼ばれた大田区馬込に暮らす作家たちの暮らしをモデルにしたフィクション。

あらすじ[編集]

作家の横川大助は愛人満子から逃げるために友人の多く住む牛追村から家族を連れて逃亡する。数年後、ふらりと戻った横川は友人と出くわし、安南独立運動の手助けに奔走していたと語る。それを聞き付けた新聞社が座談会を企画し、そこで横川は冒険話を語るが、同席した専門家たちから法螺話と呆れられる。横川を追う人物が現れ、再び姿を消す横川。ある日、海外で成功して帰国し家を建てたという招待状が横川から村の友人たちに舞い込み、みなでその新居に出かけると……。

モデルと推定される実在の人物[編集]

登場する人物は尾崎の周辺の作家たちをモデルにしたと言われている。[1]

映画化[編集]

空想部落
監督 千葉泰樹
脚本 八田尚之
原作 尾崎士郎
出演者 千田是也
赤木蘭子
志賀暁子
音楽 深井史郎
撮影 中井朝一
製作会社 南旺映画
配給 東宝映画
公開 日本の旗 1939年12月13日
上映時間 79分
製作国 日本の旗 日本
テンプレートを表示

1939年12月13日、同名で映画化された。製作は南旺映画、配給は東宝映画千葉泰樹監督、千田是也主演。美術は中川一政

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『空想部落』の登場人物のモデルについて 馬込文学マラソン
  2. ^ 秋田忠義馬込文学マラソン

参考文献[編集]

  • 『空想部落』 (1955年) (角川文庫)

外部リンク[編集]