吉田甲子太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1948年時の近影(アサヒグラフより)

吉田 甲子太郎(よしだ きねたろう、1894年明治27年)3月23日 - 1957年昭和32年)1月8日)は、日本翻訳家英文学者児童文学者。筆名に朝日壮吉吉田夏村などがある。

略歴[編集]

群馬県生まれ。早稲田大学英文科卒。在学中より山本有三に師事。朝日壮吉などの筆名を用い、中学教師のかたわら、『新青年』などに探偵小説を翻訳するが、1927年ころから児童文学に移行し、少年小説を書く。1932年、新設された明治大学文藝科で、科長となった山本の推薦で教授となる。戦後は明大文学部文学科長を務め、児童雑誌『銀河』の編集にも携わる。1947年、雑誌『少年』に『星野君の二塁打』を発表、1950年代から小学校の国語の教科書に、1970年代から道徳の副読本で、2018年道徳が教科になったのちも、規則の尊重、集団生活の充実というテーマで一部教科書でつかわれている。

1957年1月8日、胃癌のため死去、享年62歳[1]。1月14日、明治大学記念館で文学部葬が行われる[2]

親族[編集]

弁護士で明大理事長の吉田三市郎(1878-1953)は兄。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『サランガの冒険』大日本雄弁会講談社、1941年5月。全国書誌番号:46032167
  • 『負けない少年』三学書房、1941年7月。全国書誌番号:45015670
  • 『ジェレミと逃げた友だち』雁書房〈日本童話会・おはなし文庫〉、1947年4月。全国書誌番号:20981102
  • 『源太の冒険』伊原宇三郎絵、朝日新聞社、1947年5月。全国書誌番号:45018095
  • 『かけあしカボチャ』桜井悦絵、雁書房、1948年1月。全国書誌番号:45002021
  • 『源太の冒険』茂田井武絵、共和出版社〈共和文庫 1〉、1948年4月。全国書誌番号:45018096
  • 『兄弟いとこものがたり』河目悌二絵、新潮社、1948年6月。全国書誌番号:45018097
  • 『サランガのぼうけん』牧書店〈学校図書館文庫 7〉、1951年2月。全国書誌番号:45014893
  • 『源太の冒険』渡辺三郎絵、河出書房〈ロビン・ブックス 21〉、1955年9月。全国書誌番号:45027947
  • 『兄弟いとこものがたり』須田寿絵、牧書店〈学校図書館文庫 69〉、1956年11月。全国書誌番号:45014953
  • 『サランガのぼうけん』沢田正太郎絵、牧書店〈新編学校図書館文庫選集〉、1960年1月。全国書誌番号:45019561
  • 『秋空晴れて』斎藤三郎絵、大日本図書〈子ども図書館〉、1967年12月。全国書誌番号:45027571
  • 『サランガのぼうけん』偕成社偕成社文庫〉、1981年3月。全国書誌番号:81027723ISBN 9784035507000
  • 『星野くんの二塁打』小坂茂絵、大日本図書〈子ども図書館〉、1988年1月。全国書誌番号:88017886ISBN 9784477175935

編集[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「吉田甲子太郎氏(明大文学部長)」『朝日新聞』、1957年1月9日、3面。
  2. ^ 「吉田甲子太郎氏(明大文学部長)」『読売新聞』、1957年1月9日、5面。

外部リンク[編集]