吉田甲子太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1948年時の近影(アサヒグラフより)

吉田 甲子太郎(よしだ きねたろう、1894年3月23日 - 1957年1月8日)は、日本翻訳家英文学者児童文学者群馬県生まれ。早稲田大学英文科卒。在学中より山本有三に師事、朝日壮吉などの筆名を用い、中学教師のかたわら、『新青年』などに探偵小説を翻訳するが、1927年ころから児童文学に移行し、少年小説を書く。1932年、新設された明治大学文藝科で、科長となった山本の推薦で教授となる。戦後は児童雑誌『銀河』に携わる。弁護士で明治大学理事長の吉田三市郎は兄。

著書[編集]

  • 負けない少年 朝日壮吉 三学書房 1941
  • 源太の冒険 朝日新聞社 1947
  • ジェレミと逃げた友だち 雁書房 1947
  • かけあしカボチャ 雁書房 1948
  • 兄弟いとこものがたり 新潮社 1948
  • 銀河名作選(編) 新潮社 1950

翻訳[編集]

外部リンク[編集]