空のキャンバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
空のキャンバス
ジャンル スポーツ漫画
漫画
作者 今泉伸二
出版社 集英社
掲載誌 週刊少年ジャンプ
レーベル ジャンプ・コミックス
発表号 1986年33号 - 1987年41号
巻数 全7巻
テンプレート - ノート

空のキャンバス』(そらのキャンバス)は、今泉伸二による漫画作品。体操競技を題材としている。『週刊少年ジャンプ』(集英社)誌上において、1986年33号から1987年41号まで連載。

単行本はジャンプ・コミックスレーベルより全7巻。後にワイド版(ジャンプコミックスセレクション)全5巻、文庫版(集英社文庫)全5巻が発行されている。コミックはいずれも集英社刊。

2017年3月30日より日本文芸社のWEBコミックサイト「ゴラクエッグ」にてリメイク版「VIVA!!空のキャンバス」が連載中。

概要[編集]

この作品が連載されたのは、ロス五輪ソウル五輪の間である。

作中に登場するゆかにおける三回宙返りは、当時はまだ現実の技となっておらず、後にワレリー・リューキンが発表した。他にも、鉄棒の伸身マルケロフ1回ひねり(ウェルストロム)などが実現した。しかし、多くは実現可能性の低い「無茶な技」である。

あらすじ[編集]

幼少期にヒーローを気取っていた太一の前に現れた「あいつ」は、彼に月面宙返りを披露する。その後消息を絶った「あいつ」に再会し勝負を挑むため、中学生になった太一は体操を始める。順調に成長する太一だが、「あいつ」を助けるため幼い頃に負った背中の大怪我が、その体を蝕んでいた。

主な登場人物[編集]

北野 太一(きたの たいち)
主人公の少年。14歳。清流体操クラブ所属。赤城家に下宿。「あいつ」に再会し勝負を挑むため、体操に励む。天真爛漫でつかみ所のない飄々とした性格。天性の体操センスを誇る。幼少期に負った大怪我が原因で、神経系に重い病を抱えており、生命の危険が付きまとう。
赤城 榛名(あかぎ はるな)
ヒロイン。13歳。清流体操クラブ所属で、体操日本女子ジュニアチャンピオン。幼少期は男の子っぽかった。自身と太一とを結ぶ“ある出来事”を知り、苦悩する。
赤城 山太郎(あかぎ やまたろう)
榛名の父で、清流体操クラブのコーチ。太一の事情を知り、身元を引き受け、体操を教え込む。
賢苦労(けんくろう)
太一の幼馴染。
蓼科 沙織(たてしな さおり)
一昨年の体操日本女子ジュニアチャンピオン。太一と榛名、それぞれの知人。
鳴海(なるみ)
雑誌「体操ジャーナル」記者。赤城コーチの下、体操選手として活躍したが、怪我で挫折した過去をもつ。
五十嵐 俊(いがらし しゅん)
太一の「あいつ」を名乗る少年。C.ドロノワコーチの指導を受け体操を始めた。共演会で太一と対決する。
滝 浩太郎(たき こうたろう)
立国病院の医師で、太一やあずさの主治医。
倉崎 麗華(くらさき れいか)
倉崎重工会長の娘。太一に好意を寄せ、強引な手法で交際を迫る。
あずさ
下半身麻痺を患う少女。入院中の太一と出会い、彼の「あいつ」捜しを応援する。
鶴巻 公次(つるまき こうじ)
体操日本男子ジュニアチャンピオン。個人的な感情から強化合宿で太一にいじめを働くが、太一の病気と「あいつ」との過去を知り後に改心。
エレナ・シュトロワ
ソ連の女子体操選手。消息不明となっている日本人の母を捜す手段として、体操で有名になることを目指す。体操においては榛名を凌駕する能力を誇る。

用語[編集]

あいつ
太一が再会を望む少年。実は「少年」ではなかったが、そのことを太一は知らずに、消息を追いかけている。
木駄町(きだちょう)
太一や賢苦労の故郷。「あいつ」はこの町の高台にある公園で月面宙返りを披露した。
マント
太一が「あいつ」からもらい大切にしているボロボロのマント。赤地にハートマークで囲まれた「す」の文字が刺繍されている。
清流学園中等部(せいりゅうがくえんちゅうとうぶ)
太一や榛名が通う学校。麗華もここの生徒。
清流体操クラブ(せいりゅうたいそうくらぶ)
太一や榛名が所属する体操クラブ。かつては鳴海も所属したが、最近は榛名以外に有力選手が育っていないと揶揄される。
最っ低(さいってい)
榛名の太一に対する口癖。
共演会(きょうえんかい)
体操の競技大会のひとつ。太一と俊が闘った大会。
後方伸身三回宙返り三回ひねり(こうほうしんしん3かいちゅうがえり3かいひねり)
オランダロッテルダムで行われた体操競技世界選手権大会において、ゆかの種目で太一が披露した奇跡の神技。現実世界でこの技を披露した選手は現在も存在しない。榛名は「空のキャンバスに描いた技」と形容した。

関連項目[編集]