秦琴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
演奏例

秦琴(しんきん)は、中国の主に広東で用いられる弦楽器である。

共鳴箱と琴格とネックは木でできており、音箱はウメの花の形をしているため、梅花琴または梅花秦琴とも呼ばれている。

弦はたいてい3本張ってあり、またはナイロンでできている。

台湾北管では、歌仔戯布袋劇でも用いられる。