秋里和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
秋里 和国
生誕 (1960-09-22) 1960年9月22日(57歳)[1]
活動期間 1982年(昭和57年) -
ジャンル 少女漫画
公式サイト 秋里和国 オフィシャルウェブサイト
テンプレートを表示

秋里 和国(あきさと わくに、1960年9月22日[1] - )は、日本の女性[1]漫画家神奈川県横浜市出身[1]。一時期「秋里和国弐」の名義(読みは同じ)で執筆していた[1]

略歴[編集]

1982年、「背中に花をしょって」(『週刊少女コミック』15号)でデビュー[1]。主に小学館で執筆。『月刊フラワーズ』(小学館)誌上において「都の昼寝物語」を連載中[注 1]

作中人物の中にゲイや「おかま」が多いのが特徴。代表的な例は、主人公がゲイである「TOMOI」シリーズ。

「マンハッタン症候群」(1983年『週刊少女コミック』第22号掲載、『花のO-ENステップ』第8巻収録。「眠れる森の美男」はこの作品のリメイク作である)では、1981年に症例報告されたエイズを早くから作中に取り上げている。

作品リスト[編集]

オムニバス[編集]

関連資料[編集]

  • 藤本由香里『少女まんが魂 現在を映す少女まんが完全ガイド&インタビュー集』白泉社、2000年12月、ISBN 4592731786
    • 少女マンガ評論家・藤本由香里によるインタビューを掲載

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2014年10月現在。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f まんがseek・日外アソシエーツ共著『漫画家人名事典』日外アソシエーツ、2003年2月25日初版発行、ISBN 4-8169-1760-8、11頁