秋月城 (紀伊国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
秋月城
和歌山県
城郭構造 平城
築城主 紀俊連
築城年 延徳年間
主な改修者 紀氏、太田氏
主な城主 板垣周防守
廃城年 1585年
遺構 曲輪、空堀
指定文化財 なし

秋月城(あきづきじょう)は、紀伊国(現・和歌山県和歌山市)にあった日本の城

概要[編集]

延徳年間(1489 - 1492年)に国造紀俊連が日前神宮・國懸神宮保護のために築き、飯垣周防守に守らせたと言われるが、文明年間(1469 - 1487年)の築城という説もある[1]

戦国時代には太田党の支城として役割を果たしたが、1585年天正13年)の豊臣秀吉紀州攻めにより廃城となる。

城は平城和歌山県道145号(通称宮街道)が横切っているため、城址はほとんど残っていない。わずかに曲輪跡がわかる程度。規模は東西20m、南北54m[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『日本城郭体系』10、新人物往来社、1980年、458頁。

関連項目[編集]