秋山澄夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

秋山 澄夫(あきやま すみお、1919年2月10日 - 1993年)は、フランス文学者、早稲田大学名誉教授。 岡山県生まれ。早大仏文科卒。早大教養部助教授、教授、1989年定年退任、名誉教授。マラルメシュールレアリスムなどを研究した。

翻訳[編集]

  • マラルメ詩集 1953 角川文庫
  • 超現実主義とは何か アンドレ・ブルトン 思潮社 1969 改題「シュルレアリスムとは何か」
  • イジチュールまたはエルベノンの狂気 ステファヌ・マラルメ 思潮社 1970
  • 骰子一擲 ステファヌ・マラルメ 思潮社 1972
  • 追憶のゴルゴタ マルク・ベルナール 講談社 1975

参考[編集]

  • 文藝年鑑1978 
  • 秋山澄夫教授略歴「教養諸学研究」1989