私は加護女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
私は加護女
ジャンル 和風ホラーファンタジー
漫画
作者 高橋葉介近藤豪志
出版社 秋田書店
掲載誌 週刊少年チャンピオン
レーベル 少年チャンピオンコミックス
巻数 全4巻
その他 2006年51号から2007年8号まで短期連載
2007年15号から正式連載となる。
テンプレート - ノート

私は加護女』(わたしはかごめ)は、原作:高橋葉介・作画:近藤豪志による日本漫画作品。『週刊少年チャンピオン』で2007年15号から43号まで連載された。単行本全4巻。

内容[編集]

「神出鬼没の謎のお手伝いさんが、不思議な力で依頼された家の子供を護る」をコンセプトにしたホラーファンタジー作品。基本的に一話完結か短編連載(オムニバス)で、各話に出てくる人物の設定は毎回異なる。

登場人物[編集]

加護女(かごめ)
主人公。依頼された家の人間を不思議な力で護る。
主に空を飛べる、妖怪や悪霊などと戦い消滅させる、カゴの目を描き別の空間に移動できる、人の心の中に入り会話ができる、時間を操れるなどの能力を持っている。
数百年前の過去や元・加護女も登場している事から、1人の人物ではなく何百年にわたり存在しており、時代ごとに何人もの加護女が活動している。弱点は「籠の中に入れられること」。
津刃女(つばめ)
加護女の仲間で同じく不思議な能力が使えるお手伝いさん。加護女と同様にさまざまな能力が使えるが、マイペースでドジな所もある。加護女と同種の存在と思われる。
矢婆女(やばめ)
元・加護女。現在は人気旅館の女将を勤めており、津刃女や加護女を仲居としてこき使っていた。
G・G(グレート・ガッポ)
マジシャンの様ないでたちの男。霊や妖怪を操り悪事を働くが加護女に敗れている。加護女の弱点を知っていた。
正体は不明。
有野隆一(ありの りゅういち)
連載末期に登場した少年。住んでいたマンションの怪事が続いた際に加護女と知り合い、見込みがあるとして加護女のパワーを与えられる。数年後、アルバイト先で加護女と再会し、雇い主の女性・奇子と結婚し一男一女を儲けた。
息子の隆児は刑事となっており、加護女の存在を知っていたと思われる。

備考[編集]

  • サブタイトルは「加護女“○○”する」となっている。「○○」の部分には映画のタイトルが入る(『Jaws』、『チャイルド・プレイ』など)。マイナー作品の場合は、目次の作者コメントでフォローが入った事もある。
  • 短期連載を経て連載開始となるが、後期は加護女の衣装ネタが減り、完全には救われていないような回も出てきた上に、過激な描写や展開も少なかった事から「花子さんがきた!!」や「学校の怪談」のような低年齢向けの怪談漫画のらしき展開も増えてきた。この事から他の少年誌に比べ読者の年齢層の高いチャンピオンではあまり人気は得られず半年で打ち切りとなった。
  • 作画の近藤の次回作『荒神』が掲載された週刊少年チャンピオン2008年39、40号では、この作品の巻数が「全3巻」に間違えられた。

単行本[編集]

  1. ISBN 9784253212717
  2. ISBN 9784253212724
  3. ISBN 9784253212731
  4. ISBN 9784253212748