神性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
神格から転送)
Jump to navigation Jump to search

神性(しんせい、deity: divinité)とは、高い尊敬を持たれ、信仰者から尊敬され、聖なるもの、神聖なるもの、聖(きよ)いものと考えられている、そして、ある時は宗教的に(かみ)として言及される、超自然的また超越的な存在。神格(しんかく)とも言われる。

神性は多様な形で描写されているが、しばしば、人間の形で表現される。ある信仰と伝統は、神性を、具体的なかたちを持つものとして、イメージしたり、描写することを冒涜とみなす。それらは、不死で意識を持っており、共通的に人格を持ち人間と同じように知的欲求を持ち、願望を持ち感情をもっている。このよう稲妻、洪水、嵐、その他の神の行いなどの自然現象とそれらに属する奇跡は、人生の多様な局面(誕生と死)の権威者と支配者であると考えられている。 ある神性は時間と運命の支配者であると主張され、人間の法律と道徳を与えるものであり、人間の価値の最終的な審判になり、天土地の設計者であり創造主になると主張されている。

語源[編集]

deity(神性)はラテン語のdea(神々)とdeus(神)や、サンスクリット語devatã(神、神的存在、神性)divya(超越的な、神聖な)などの他のインド・ヨーロッパ語族単語と同根である。ラテン語のdeis(日)とdivum(開いた空)サンスクリット語のdiv,diu(空、日、輝く)「空」に当たる言葉に関連がある。また、divine(神の、神聖な)とdivinity(神性、神格、神)は、ラテン語のdivinusから来ている。Khodaはペルシア語から英語に神と訳される。

英語のGodはアングロサクソン語から来ており、ゲルマン語に類似した単語は多く見られる。

参考文献[編集]