神岡政夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神岡 政夫(かみおか まさお、1957年12月23日 - )は、日本ラリードライバー。富山県出身。

18歳で免許を取得し、近所の山を走りこむ。この時、「神岡ターン」という独自のテクニックを生み出す。

1980年に全日本ラリー選手権に参戦開始し、優勝する。1982年に三菱・ランサーEXで史上最年少でのチャンピオンを獲得(この時24歳。この記録は未だに破られていない)。その後1985年に日産・フェアレディZで、1993年にスバル・インプレッサでそれぞれチャンピオンを取る。翌1994年からは海外ラリーに活躍の場を移し、特に1995年RACラリー[1]では総合9位(Nクラス2位)に入る大活躍を見せた。現在はラリーショップを経営。

脚注[編集]

  1. ^ この年は世界ラリー選手権 (WRC) ではなくFIA 2リッターワールドカップ (FIA 2-Litre World Rally Cupの1戦として開催。

外部リンク[編集]