磯野友彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

磯野 友彦(いその ともひこ、1915年 - 1986年11月9日[1])は、日本の哲学者。

東京出身。成蹊小学校東京市立第一中学校正則中学校早稲田大学文学部哲学科卒、同文学部助教授、教授[2]、85年定年、名誉教授。1966年『哲学逍遥 懐疑主義と動物的信』(ジョージ・サンタヤーナ)で日本翻訳文化賞受賞。

著書[編集]

  • 『反生命教育を正す 子ども自身に生きさせよ』黎明書房 1980

翻訳[編集]

  • G.ハイエット『ものの考え方の新しい地図 たとえば日本の歴史のなかに』緑園書房 1955
  • ジョーン・デュウイー『評価の理論』関書院出版 1957
  • リチャード・バトラー『ジョージ・サンタヤーナ その生涯と世界』早稲田大学出版部 1966
  • ジョージ・サンタヤーナ『哲学逍遥 懐疑主義と動物的信』勁草書房 1966
  • デイヴィッド・スピッツ『反民主主義』高頭直樹富賀勉共訳 紀伊国屋書店 1979
  • ブライアン・マギー編『哲学の現在 世界の思想家十五人との対話』監訳 河出書房新社 1983

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『人物物故大年表』
  2. ^ 『反生命教育を正す』著者紹介