硝酸塩素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
硝酸塩素
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 14545-72-3
特性
化学式 ClNO3
モル質量 97.46 g/mol
外観 赤色?の気体
危険性
EU分類 毒性(T), 腐食性(C)
NFPA 704
NFPA 704.svg
0
3
2
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

硝酸塩素(しょうさんえんそ、Chlorine nitrate)は、成層圏に存在する重要な大気ガスの一つ。オゾン減少に関与する塩素の大気降下物である。

成層圏に存在する塩素の大部分は硝酸塩素と塩化水素の形で存在するが両方とも通常の状態では不活性な物質である。しかし、固体や液体が存在すると塩化水素と反応して塩素硝酸に分解する。

+ +

ここで生成した塩素は強力な紫外線によって容易に塩素ラジカルに分解され、オゾンを酸素に分解する。

Cl・ + O3 → ClO・ + O2
ClO・ + [O] → Cl・ + O2

関連項目[編集]