石黒長平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石黒 長平(いしぐろ ちょうへい、1873年明治6年)10月27日[1] - 1936年昭和11年)10月8日[2])は、日本の実業家政治家衆議院議員

経歴[編集]

新潟県中蒲原郡大鹿新田(現新潟市秋葉区大鹿)で、里正・石黒忠三郎の長男として生まれる[3][4]1893年、新潟県農学校を卒業[5]

父・忠三郎が先に北海道に渡り、開墾に従事[5]。1893年、岩見沢村に移住し開墾に従事し、その後、味噌醤油製造業、牧畜業を営んだ[3][5]

政界では、岩見沢村惣代人、徴兵参事員、学務委員、岩見沢村会議員、同町会議員、北海道会議員、同参事会員などを歴任[3][5]1920年5月、第14回衆議院議員総選挙で北海道第七区から出馬し当選した伊藤広幾1923年4月に死去し[6]、同年6月の補欠選挙に出馬して当選し衆議院議員を一期務めた[2][3]

その他、北海土功組合理事、空知教育会副会長などを歴任[2]

編著[編集]

  • 『真古登の泉』石黒長平、1918年。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第四十七回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1923年、36頁。
  2. ^ a b c 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』60頁。
  3. ^ a b c d 『北海道人名辞書』第二版、215-216頁。
  4. ^ 『人事興信録』第7版、い197頁。
  5. ^ a b c d 『北海道立志編』第1巻、16頁。
  6. ^ 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』47頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 金子信尚編『北海道人名辞書』第二版、北海民論社、1923年。
  • 『北海道立志編』第1巻、北海道図書出版、1903-04年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第7版、1925年。