石田剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石田 剛(いしだ たけし、1967年 - )は、日本民法学者[1][2]立教大学法学部教授同志社大学法科大学院教授、大阪大学法科大学院教授、一橋大学法科大学院教授を歴任する[3]

人物・経歴[編集]

京都府生まれ。1990年に京都大学法学部を卒業し、1995年に京都大学大学院法学研究科博士後期課程単位を取得し満期退学した[1][3]。2015年に京都大学博士となる[3][4]

1995年に京都大学大学院法学研究科助手となった後、1996年に立教大学法学部専任講師となる[1][3]。1998年に同大学助教授となった後、2006年に同大学教授となる[1][3]。2007年に同志社大学大学院司法研究科准教授となり[1]、2008年に同大学教授となる[3]。2011年に大阪大学大学院高等司法研究科教授となり、日本私法学会理事も務める[3]。2014年に信託法学会の理事に就任する[3]。2015年に一橋大学大学院法学研究科法務専攻教授となる[2][3][5]。2016年に日本登記法研究会世話人副代表となる[5]

著書[編集]

  • 『債権譲渡禁止特約の研究』商事法務 2013年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e Handai Law Letter 第2号”. 大阪大学. 2018年1月19日閲覧。
  2. ^ a b 法科大学院の教員紹介”. 一橋大学. 2018年1月19日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i 石田 剛 | 研究者情報”. 一橋大学. 2018年1月19日閲覧。
  4. ^ 「著者略歴」『債権譲渡禁止特約の研究』
  5. ^ a b 日本登記法研究会規約”. 日本登記法研究会. 2018年1月19日閲覧。