石田充之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石田 充之(いしだ みつゆき、1911年10月8日-1991年8月2日)は、浄土宗浄土真宗の仏教学者。

山口県出身。旧姓は杉。龍谷大学卒、龍谷大学助教授、1957年教授、1972年退任、名誉教授。73年浄土真宗本願寺勧学となる。1962年「法然門流初期教学の基礎研究」で東洋大学文学博士。真宗教理史の研究で知られた[1]

著書[編集]

  • 蓮如』時論社、1949 のち永田文昌堂
  • 異安心』法蔵館 1951
  • 『日本浄土教の研究』百華苑 1952
  • 『聖親鸞の宗教改革』永田文昌堂 自照選書 1953
  • 『浄土教思想入門』百華苑 1956
  • 『現代の真宗の信仰』百華苑 1961
  • 『浄土教教理史』平楽寺書店 サーラ叢書 1962
  • 『親鸞教学の基礎的研究』全3巻 永田文昌堂 1970-89
  • 『選択集研究序説』百華苑 1976
  • 『真実の念仏』石田充之和上勧学墓碑建立発起人会編 永田文昌堂 1993

共著・校注[編集]

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 現代日本人名録