石狩市会社員強盗殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

石狩市会社員強盗殺人事件(いしかりしかいしゃいんごうとうさつじけん)とは、2005年に発生した強盗殺人事件。道警による正式名称は石狩市新港における会社員強盗殺人事件

2017年12月現在も犯人特定・逮捕には至っておらず、未解決事件となっている。捜査特別報奨金制度の対象となった事もある。

概要[編集]

2005年1月13日午前5時52分ごろ、北海道石狩市新港中央にある砂利運搬会社事務所内で、この会社に勤めている男性会社員(当時56歳)が殺害されているのが発見された。

事件が発覚する前の午前4時ごろ、事件現場となった事務所から離れた同じ石狩市内のスーパーのATMを襲う窃盗未遂事件が発生しており、この窃盗未遂事件では被害者が勤める会社から盗まれたショベルローダが使われていた。

犯人の遺留品[編集]

  • ガストーチ(主な用途は配管作業時のロウ付や凍結解氷に使われるが、応用で色々な用途がある)
  • Mサイズの手袋
  • 国内産のマリンブーツ(長靴)の25 - 26cmサイズの足跡(遺留品ではないが、現場に残されていた足跡から判明)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]