石灰沈着性腱板炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石灰沈着性腱板炎
Calcific tendinitis marked.jpg
分類および外部参照情報
ICD-10 M65.2, M75.3
ICD-9 727.82

石灰沈着性腱板炎(せっかい・ちんちゃくせい・けんばんえん)(石灰沈着性腱炎とも)とは、突然発症のの痛みを呈する疾患。

症状[ソースを編集]

誘因なく突然発症で、肩の痛みのため可動域制限がみられる。強い痛みのため、患側の肩やを動かせない。夕刻から夜間にかけて、痛みが増強することがある。上腕骨大結節に圧痛をみとめる。[1]

病理[ソースを編集]

繰り返す運動などによる腱の変性が原因となる。腱内に沈着した塩基性リン酸カルシウム(BCP)が、腱外に漏出することにより急性炎症と激痛を引き起こす。(BCPは腱内に限局している状態では無症状である。)全身の様々な腱におこりうるが、特に肩関節の棘状筋腱、棘下筋腱に好発する。

検査[ソースを編集]

  • X線写真で、上腕骨大結節近傍に石灰化をみとめる。
  • drop arm test (-)により腱板断裂{drop arm test(+)}と鑑別する。
  • 穿刺によりBCPを含むヨーグルト状の内容物が吸引される。

治療[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 宮田靖志ほか. プライマリ・ケアの現場で役立つ一発診断100: p.106.
  2. ^ 樋口富士男ほか. cimetidineが効を奏した〔ママ〕石灰沈着症: 整形外科 46; 1549-1554, 1995.
  3. ^ Yokoyama M, et al. Cimetidine for chronic calcifying tendinitis of the shoulder. Reg Anesth Pain Med. 2003 May-Jun;28(3):248-52.

関連項目[ソースを編集]