石橋弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石橋 弘
いしばし ひろし
生年月日 1916年10月1日
出生地 鳥取県西伯郡淀江町
(現米子市
出身校 早稲田大学商学部
前職 会社重役

境港市議会議員
テンプレートを表示

石橋 弘(いしばし ひろし、大正5年(1916年10月1日 - )は日本実業家政治家。元境港市議会議員(副議長)。旧姓松井。医師松井功の実兄。境港造船(株)代表取締役石橋雄器の実父。

経歴[編集]

鳥取県西伯郡淀江町[1](現米子市)出身[1]

昭和17年(1942年早稲田大学商学部卒業[1]。同年合名会社石橋造船鉄工所代表社員に就任[1]。昭和18年(1943年)(株)石橋造船鉄工所代表取締役就任[1]。昭和32年(1957年)境港造船(株)代表取締役就任[1]

所属団体(肩書)[編集]

  • 昭和26年(1951年) - 境港地区造船協議会会長[1]
  • 昭和42年(1967年) - 日本小型船舶工業会山陰支部理事副支部長[1]
  • 昭和52年(1977年) - 境港地区造船(協)理事長[1]
  • 昭和60年(1985年) - 鳥取県海事振興協会会長[2]、(社)中国小型船舶工業会理事[2]

人物像[編集]

尊敬する人物は西郷隆盛上杉謙信[2]座右の銘は「百術は一誠にしかず」[2]。趣味は旅行、カメラ、読書[2]。住所は境港市岬町[1][3]

家族・親族[編集]

石橋家[編集]

鳥取県境港市岬町
  • 祖父・兼松[3]
  • 祖母・しも[3]
  • 母・ヨシ[3]
明治27年(1894年)生[3]~没

親戚[編集]

松井家六代目当主・松井久雄三男[4]

[編集]

  • 1984年 - 運輸大臣表彰(海事功労者)[1]

参考文献[編集]

  • 『鳥取県人名録』(企画・編集 鳥取県人名録刊行委員会 旬刊政経レポート、1987年 62-63頁)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『鳥取県人名録』62頁
  2. ^ a b c d e 『鳥取県人名録』63頁
  3. ^ a b c d e f 『新日本人物大観』(鳥取県版)1958年 イ…61頁
  4. ^ 『新日本人物大観』(鳥取県版)1958年 マ…248頁

外部リンク[編集]