石川詢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石川 詢(いしかわ じゅん / はかる[要出典]1858年-1933年[要出典])は、日本海軍軍医軍医大監(海軍大佐相当官)、台湾総督府海軍軍医長

経歴[編集]

慶應義塾を卒業し(『慶應義塾入社帳第一巻374項』)、海軍に入り、台湾総督府海軍軍医長、日露戦争時の特務艦隊病院船神戸丸」の軍医長となる。その他、明治11年(1878年)7月、後藤新平の「愛衆社」の創立に参加。

1917年8月21日に退役した[1]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1518号、大正6年8月22日。
  2. ^ 『官報』第7051号「叙任及辞令」1906年12月28日。

参考文献[編集]