石川県道211号二俣古屋谷線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般県道石川県道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
石川県道211号標識
石川県道211号二俣古屋谷線
路線延長 5.294km(実延長総計)
陸上区間 5.294km
制定年 1960年昭和35年)
起点 二俣大橋西詰
石川県金沢市二俣町)
主な
経由都市
金沢市
終点 古屋谷町交差点
(金沢市高坂町)
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0304.svg国道304号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

石川県道211号二俣古屋谷線(いしかわけんどう211ごう ふたまたふるやだにせん)は石川県金沢市内を通る一般県道石川県道)である。

路線概要[編集]

金沢市山間部の二俣町から森下川に沿って北西に進み、国道304号の古屋谷町交差点までを結ぶ路線である。

歴史[編集]

接続道路[編集]

周辺施設[編集]

参考文献[編集]

  • 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、2010年

関連項目[編集]