石川桜所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石川 桜所(いしかわ おうしょ、文政8年(1825年) - 明治15年(1882年2月20日)は、幕末蘭方医。幕府奥医師。通称玄貞。実名良信。桜所は号。初名は千葉山庵。

経歴[編集]

文政8年(1825年)、陸奥国登米郡桜場村(現・宮城県登米市)に生まれる。安政5年(1858年)、大槻俊斎伊東玄朴らと図り、お玉が池種痘所設立。文久2年(1862年)8月23日、陸奥国仙台藩医より幕府医師に登用され、奥医師となる。同年12月16日、法眼に叙せらる。慶応2年(1866年)12月18日、法印に昇叙、香雲院と号す。蟄居する徳川慶喜に従い水戸に下り、仙台に帰った。明治以降は松本良順に招かれ兵部省軍医寮の次官、陸軍軍医監などを勤めた。明治15年(1882年)没。谷中霊園に葬る。