石川憲一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石川 憲一(いしかわ けんいち、1943年 - )は、日本の工学者金沢工業大学第5代学長・教授。工学博士大阪大学)。精密工学振動応用工学が専門。精密工学会フェロー

略歴・人物[編集]

静岡県生まれ。静岡県立富士高等学校を経て、金沢大学工学部精密工学科卒業・大学院工学研究科修士課程修了。同大助手を経て、1970年金沢工業大学講師に就任。1977年教授、1984年~1989年機械工学科主任、1990年~1993年教務部長、1993年副学長を歴任した後、前学長の指名により1994年金沢工業大学学長に就任。就任当時は「最年少学長」と呼ばれた。その後22年間にわたって金沢工業大学を学生を主役とした「教育付加価値日本一」の大学にすることを目指して、「自ら考え行動する技術者」の育成を掲げ、数々の大学改革を実施する。2016年名誉学長・教授。趣味は読書、日本刀の科学的研究。スポーツ鑑賞。

受賞歴[編集]

  • (財)工作機械技術振興財団振興賞(奨励賞)
  • (財)精密測定技術振興財団「高城賞」
  • (公社)砥粒加工学会賞論文賞
  • (公社)日本工学教育協会論説・論文賞

その他