石川勝之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石川 勝之(いしかわ かつゆき、延宝3年(1675年) - 宝永3年1月27日1706年3月11日))は、山城国淀藩の世嗣。

嫡子のまま早世した石川昌能の長男。母は藤堂高次の娘。正室は水野忠直の娘。子に石川総慶(長男)。官位は従五位下、下野守。

天和2年(1682年)父・昌能が世嗣のまま死去したため、代わって世嗣となり徳川綱吉御目見元禄3年(1690年)、叙任された。しかし、父同様に世嗣のまま死去した。代わって叔父の義孝が嫡子となり、跡を継いだ。のちに長男の総慶が義孝の跡を継いでいる。