石川三郎 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石川三郎

石川 三郎(いしかわ さぶろう、1881年明治14年)5月19日[1] - 1940年昭和15年)12月10日[1])は、日本の貴族院議員衆議院議員立憲政友会)、佐賀県砥川村長

経歴[編集]

佐賀県小城郡砥川村(現在の江北町)出身。1900年(明治33年)、陸軍士官学校に入学し、卒業後の1902年(明治35年)に砲兵少尉に任じられた。日露戦争に従軍し、砲兵中尉に昇進。1906年(明治39年)、陸軍砲工学校に入学し、1908年(明治41年)に同校高等科を卒業して砲兵大尉に任ぜられた。その後、陸軍重砲兵射撃学校や陸軍士官学校で教官を務めたが、1913年大正2年)に予備役となった。

その後、砥川村会議員、佐賀県会議員を経て、1920年(大正9年)の衆議院補欠選挙で当選した[2]1925年(大正14年)、貴族院の多額納税者議員に選出され、1932年(昭和7年)に再選された。同年、砥川村長に就任し、8年間にわたって農村の振興に尽力した。

脚注[編集]

  1. ^ a b 故石川三郎位階追陞ノ件
  2. ^ 『官報』第2470号、大正9年10月25日

参考文献[編集]