石嘴山市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中華人民共和国 寧夏回族自治区 石嘴山市
沙湖
沙湖
寧夏回族自治区の中の石嘴山市の位置
寧夏回族自治区の中の石嘴山市の位置
簡体字 石嘴山
繁体字 石嘴山
拼音 Shízuĭshān
カタカナ転写 シーズイシャン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
自治区 寧夏回族
行政級別 地級市
面積
総面積 4,703 km²
人口
総人口(2003) 72 万人
経済
電話番号 0952
郵便番号 753000
ナンバープレート 寧B
行政区画代碼 640200
公式ウェブサイト http://www.nxszs.gov.cn

石嘴山市(せきしざんし)は中華人民共和国寧夏回族自治区に位置する地級市。 面積4,703平方キロ、人口72万人(2003年)。俗称は石嘴子。賀蘭山の石が嘴にて突出していることからその名を得た。

歴史[編集]

1960年1月7日に石嘴山市の設立。

地理[編集]

寧夏回族自治区の北部に位置し、銀川市内モンゴル自治区と接する。黄河の西岸に位置する。

行政区画[編集]

2市轄区・1県を管轄下に置く。

石嘴山市の地図

年表[編集]

銀北地区[編集]

  • 1972年2月23日 - 寧夏回族自治区石嘴山市平羅県陶楽県賀蘭県を編入。銀北地区が成立。(1市3県)
  • 1975年11月23日
    • 石嘴山市が地級市の石嘴山市に昇格。
    • 賀蘭県が銀川市に編入。
    • 平羅県・陶楽県が石嘴山市に編入。

石嘴山市[編集]

  • 1975年11月23日 - 銀北地区石嘴山市が地級市の石嘴山市に昇格。(1市2県)
  • 1975年12月5日 - 一区から三区までの区が成立。(3区2県)
  • 1976年12月1日 - 一区・二区・三区の各一部が合併し、郊区が発足。(4区2県)
  • 1981年 - 一区が大武口区に、二区が石嘴山区に、三区が石炭井区にそれぞれ改称。(4区2県)
  • 1987年1月23日 (3区3県)
    • 郊区の一部が分立し、恵農県が発足。
    • 郊区の残部が大武口区・石嘴山区に分割編入。
  • 2002年10月19日 - 石炭井区および平羅県の一部が大武口区に編入。(2区3県)
  • 2003年12月31日 (2区1県)

交通[編集]

鉄道

道路

  • 石中高速道路

友好都市[編集]

外部リンク[編集]