石原俊明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石原 俊明(いしはら しゅんめい、1888年1月21日-1973年1月17日)は、静岡県出身の昭和期の実業家、出版者、曹洞宗僧侶化学工業新聞社国際情報社国光印刷大法輪閣の創業者。

略歴[編集]

静岡県小笠郡大須賀町(現、掛川市)に生まれる。1891年、浜岡町新野(現、御前崎市)の想慈院に引き取られる。この頃、可睡斎日置黙仙禅師に師事。1903年上京。化学工業新聞社社長に就任。科学知識普及協会を設立。1921年、『科学知識』創刊。1922年有限会社国際情報社を設立、『国際写真情報』創刊。 1923年『劇と映画』創刊。1924年『国際写真グラフ』『婦人グラフ』創刊。1934年9月『大法輪』創刊。

戦後1951年株式会社国際情報社復興。1959年『家庭全科』創刊。1966年有限会社大法輪閣設立。1969年大法輪石原育英会設立。1973年1月17日、心不全により逝去

家族[編集]

石原俊 (オーディオ評論家)は5男。

参考文献[編集]

  • 『大法輪』昭和48年3月号(大法輪閣、1973年)

外部リンク[編集]

関連項目[編集]