石井英一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石井 英一(いしい えいいち、1908年1月12日 - 1989年12月10日)は、日本官僚実業家。元運輸省資材局長。元東洋電機製造社長。

来歴・人物[編集]

香川県三豊郡比地二村(現 三豊市高瀬町)出身。旧制香川県立三豊中学校 、旧制松山高等学校を経て、東京帝国大学法学部独法科卒業。

1933年(昭和8年)鉄道省入省。東鉄貨物課長、北京大使館交通課長を務める。1950年(昭和25年)日本国有鉄道(国鉄)門司鉄道管理局長に異動。1953年(昭和28年)3月23日から24日にかけて、門司地方国鉄職員戦没者合同慰霊祭を行った[1]

1954年(昭和29年)運輸省自動車局長に昇任[2]。同年10月12日の第19回参議院運輸委員会の会議に於いて、嬉野線国鉄バス事故について答弁を行った[3]。同年10月22日の第19回衆議院運輸委員会の会議にも同バス事故の件で出席する[4]1955年(昭和30年)同省資材局長、1958年(昭和33年)日本国有鉄道(国鉄)監査委員会委員を歴任。

1961年(昭和36年)東洋電機製造専務を経て、1972年(昭和47年)同社社長に就任[5]

略歴[編集]

  • 1929年 - 松山高等学校卒業
  • 1932年 - 東京帝国大学法学部独法科卒業
  • 1933年 - 鉄道省入省
  • 1950年 - 日本国有鉄道(国鉄)門司鉄道管理局長
  • 1954年 - 運輸省自動車局長
  • 1955年 - 運輸省資材局長
  • 1958年 - 日本国有鉄道(国鉄)監査委員会委員
  • 1961年 - 東洋電機製造専務取締役
  • 1972年 - 東洋電機製造取締役社長
  • 1978年 - 東洋電機製造取締役会長
  • 1984年 - 東洋電機製造取締役相談役

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『國學院大學研究開発推進機構 研究開発推進センター』 2013年8月28日閲覧
  2. ^ 『新・現代香川の百人』(育英出版)(1982年) 40頁
  3. ^ 『参議院会議録情報 第019回国会運輸委員会 第6号』 2013年8月28日閲覧
  4. ^ 『衆議院会議録情報 第019回国会運輸委員会 第46号』 2013年8月28日閲覧
  5. ^ 『現代香川の100人』(讃岐公論社)(1974年) 18頁

参考文献[編集]

  • 『香川県人物・人名事典』(四国新聞社)(1985年)
  • 『香川県人物・人材情報リスト 2002』(日外アソシエーツ)(2002年)