石上友彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石上友彦
生誕 1952年3月8日[1]
居住 日本の旗 日本
研究分野 歯科補綴学
研究機関 東京医科歯科大学愛知学院大学日本大学
出身校 日本大学東京医科歯科大学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

石上 友彦(いしがみ ともひこ、1952年3月8日[1] - )は日本の歯科医師歯学者日本大学歯科補綴学II講座教授。日本顎顔面補綴学会理事長[2]日本磁気歯科学会理事長[3]

経歴[編集]

1978年日本大学歯学部卒業、1983年東京医科歯科大学大学院歯学研究科歯科補綴学修了[4]。同年3月 歯学博士 論文の題は 「歯頸部エナメル質に形成されたマージンの走査電子顕微鏡による観察」[5]。 東京医科歯科大学医員、愛知学院大学助手、講師、助教授を経て2001年より現職[4]

著作[編集]

  • 石上友彦、田中貴信「第5章 顎顔面欠損(インプラントを用いた顎骨の再建と矯正治療への利用) 5.エピテーゼ」『先端医療シリーズ・歯科医学1.歯科インプラント』監修:末次恒夫松本直之 編集:飯塚忠彦石田甫上田実赤川安正市川哲雄河野文昭先端医療技術研究所、2000年2月。ISBN 978-4925089074
  • 田中貴信、石上友彦「第4章 顎顔面修復材料 1.総論」『最新歯科材料および技術・機器』長谷川二郎シーエムシー出版、2000年12月。ISBN 978-4882312932
  • 石上友彦 他『スタンダード部分床義歯補綴学』藍稔学建書院、2006年3月20日。ISBN 978-4762406560
  • 『歯科補綴マニュアル』新谷明喜、石上友彦、森戸光彦南山堂、2006年4月14日。ISBN 978-4525824136
  • 田中貴信、石上友彦「第4章 顎顔面修復材料 1.総論」『歯科材料と技術・機器の開発』長谷川二郎シーエムシー出版、2006年5月。ISBN 978-4-88231-884-2
  • 石上友彦 他『パーシャルデンチャーテクニック』野首孝祠井上宏細井紀雄五十嵐順正医歯薬出版、2006年9月10日、第4版。ISBN 978-4-263-45601-9
  • 石上友彦 他『接着を活かした歯冠修復』松村英雄田中卓男医歯薬出版、2006年9月15日。ISBN 978-4-263-45601-9
  • 石上友彦 他『顎顔面補綴の臨床』大山喬史谷口尚医学情報社、2006年6月25日。ISBN 978-4-903553-00-9
  • 石上友彦 他『口と歯の事典』高戸毅天笠光雄葛西一貴古郷幹彦須佐美隆史鈴木茂彦谷口尚新美成二朝倉書店、2008年1月25日。ISBN 978-4-254-30091-8

所属団体[編集]

学職

脚注[編集]

  1. ^ a b 『歯学研究者名鑑2005年版』監修 日本歯科医学会口腔保健協会東京都豊島区、2005年3月30日、第1版第1刷、147頁。ISBN 4-89605-209-9
  2. ^ a b ニュースレター No.13 (PDF)”. 日本顎顔面補綴学会. 2011年9月10日閲覧。
  3. ^ a b 平成23、24年度日本磁気歯科学会役員”. 日本磁気歯科学会. 2011年9月10日閲覧。
  4. ^ a b c 教員情報検索:歯学部 歯学科 石上 友彦”. 日本大学. 2011年9月10日閲覧。
  5. ^ 博士論文書誌データベース
  6. ^ 日本歯学系学会協議会 役員”. 日本歯学系学会協議会. 2011年9月10日閲覧。
  7. ^ 役員”. 日本補綴歯科学会. 2011年9月10日閲覧。
  8. ^ 平成23・24年度評議員”. 日本口蓋裂学会. 2011年9月10日閲覧。