真鶴政吉 (5代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
真鶴 政吉 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 真鶴 政吉
本名 不明
生年月日 不明
没年月日 1859年8月(旧暦7月
出身 因幡国邑美郡(現・鳥取県鳥取市
身長 不明
体重 不明
所属部屋 朝日山部屋大坂相撲)→秀ノ山部屋
成績
現在の番付 引退
最高位 西前頭3枚目
幕内戦歴 7勝3敗3分1預16休(4場所)
優勝 優勝相当成績1回
データ
初土俵 1852年2月場所
入幕 1858年1月場所
引退 1860年1月場所(番付のみ)
備考
2017年1月15日現在

真鶴 政吉(まなづる まさきち、生年不明 - 1859年8月安政6年7月))は、因幡国邑美郡(現:鳥取県鳥取市)出身の元大相撲力士。本名は不明[1]

概要[編集]

因幡国邑美郡(現在の鳥取県鳥取市)で生まれ、朝日山部屋大坂相撲)でデビューした。その後、鳥取藩の抱え力士として1852年2月場所で初土俵(二段目、現・幕下)を踏む。1856年11月場所で新十両昇進を果たし[1][2]、その場所で7勝2敗の優勝相当成績を挙げる[2]。十両は3場所で通過し、1858年1月場所で新入幕を果たした。この場所でも6勝2敗1分の好成績を挙げる[3]が、1858年11月場所が江戸大火によって中止となり、1859年1月場所はなぜか「幕内格番付外」(実質的には西前頭7枚目[1])に据え置かれた。好成績を収めていながら番付外に据え置かれるという、当時としては大変な衝撃を受けた真鶴は、この場所を1勝1敗2分1預5休の不振で終えると、その場所後の同年7月自殺したと伝わる[4]。番付運の悪さに泣かされた、悲運の力士だった。

成績[編集]

  • 通算幕内成績:7勝3敗3分1預16休
  • 幕内在位:4場所

通算幕内成績のうちの10休は、死後の1860年1月場所の番付にも掲載されたことによるものである。なお、この時の番付が自身の最高位である「西前頭3枚目」となった。

出典[編集]

関連項目[編集]