真紅の花の歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
真紅の花の歌
Laulu tulipunaisesta kukasta
著者 ヨハンネス・リンナンコスキ
発行日 1905年
発行元 WSOY
ジャンル 恋愛小説
 フィンランド
言語 フィンランド語
ページ数 240
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

真紅の花の歌』(原題: Laulu tulipunaisesta kukasta)は、ヨハンネス・リンナンコスキ1905年に発表した恋愛小説である。

本作は1919年[1]、1934年[2]、1938年[3]、1956年[4]と1971年[5]の5度にわたって映画化されており、うち3本はスウェーデンで、2本はフィンランドで制作された。

脚注[編集]

[脚注の使い方]