真渓涙骨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

真渓 涙骨(またに るいこつ、1869年3月9日明治2年1月27日) - 1956年昭和31年)4月14日)は日本宗教思想家ジャーナリスト、宗教専門紙『中外日報』創刊者。

経歴[編集]

福井県敦賀市浄土真宗本願寺派寺院に長男として生まれる。本名は正遵(しょうじゅん)。京都西本願寺の普通教校に16歳で入学するが間もなく退学し、学徳兼備の名僧として知られた博多万行寺の七里恒順に約3年師事。その後、各地を遍歴しながら文筆修行を積んだ。

1897年(明治30年)10月1日仏教および宗教界の革新を志し、京都で超宗派の宗教新聞『教学報知』を創刊。1902年(明治35年)、報道範囲を拡大し『中外日報』と改題。明治から昭和にかけての60年間、同紙の社主として不偏不党の立場から気骨ある論陣を展開し、近代日本の宗教・思想界に影響を与えた。

1914年(大正3年)から1956年(昭和31年)まで『中外日報』にほぼ毎号執筆した日誌(「編輯日誌」)では、宗教界や社会の動向、人物評、箴言など、僧俗・宗派の枠を超えて縦横無尽に筆をふるい、幅広い読者層の心をとらえた。

晩年は京都の禅宗寺院、大徳寺塔頭瑞峯院と建仁寺僧堂内左辺亭に仮寓した。墓所は瑞峯院にあり、年忌法要(涙骨忌)は毎年交互に両寺で営まれている。

著書[編集]

『中外日報』の日誌から箴言・断想を抄録した以下の作品がある。

  • 『人生日録』 平凡社、1932年
  • 『一関また一関』 平凡社、1933年
  • 『自己を省みる』 第一書房、1940年
  • 『凡人調 』 同朋舎、1941年
  • 『人生断層』大東亜公論社、1943年
  • 『時局断想』 文松堂、1943年
  • 『人間』 百華苑、1948年
  • 『涙骨抄 生きる智慧』(山折哲雄監修)法藏館、2005年
  • 『涙骨抄II 天来の妙音』(山折哲雄監修)法藏館、2008年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]