メダロット (ゲーム 第1作)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
真型メダロットから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
メダロット > メダロット (ゲーム 第1作)
メダロット (ゲーム 第1作)
ゲーム:メダロット
ゲームジャンル RPG
対応機種 ゲームボーイ
開発元 ナツメ
発売元 イマジニア (現)ロケットカンパニー
キャラクターデザイン ほるまりん
プレイ人数 1 - 2人
発売日 1997年11月28日
ゲーム:メダロット パーフェクトエディション
ゲームジャンル RPG
対応機種 ワンダースワン
開発元 ナツメ
発売元 イマジニア
キャラクターデザイン ほるまりん
プレイ人数 1 - 2人
発売日 1999年5月4日
ゲーム:真型メダロット
ゲームジャンル RPG
対応機種 ゲームボーイアドバンス
開発元 ロケットカンパニー
発売元 イマジニア
キャラクターデザイン 北沢直樹[1]
プレイ人数 1 - 2人
発売日 2004年12月16日
テンプレート - ノート

メダロット』は、1997年11月28日イマジニアから発売されたゲームボーイRPG

概要[編集]

メダロットシリーズ」の第1作。開発はナツメによる。キャラクターデザインはほるまりん、BGMは山下絹代。ヒロインは秋田キララと秋葉原ナエの2人おり、それぞれに対応したエンディングが用意されている。またそのどちらでもないノーマルエンドもある。

舞台は現代で、主人公が子供というのは『ポケットモンスター』シリーズに似通っているが、ナンセンスのテイストではこちらが勝っている、というゲーム専門書籍の評価もある[2]

通称『メダロット1』[3]。登場するメダロット(パーツ)の種類は60と少なめだが、基本システムは既に完成されている。メダルとモチーフの同じ(対応する)メダロットが何体か存在しており、以降のシリーズでも受け継がれる特徴となる。本作にはメダルは28枚存在するが、そのうちシナリオの中で入手可能なのは限られており、残りは通信対戦でメダルを奪った際、一定の条件の下出現する。

1999年5月4日には『メダロット パーフェクトエディション』としてワンダースワンに移植された。移植ではあるがグラフィックはほぼ全面差し替え、キャラクターの台詞やインターフェイスを大幅に変更・追加、ワンダースワンのワイド画面に対応させたリメイク作品となっている。

2004年12月16日にはロケットカンパニーの開発によるゲームボーイアドバンス用『真型メダロット』が発売された。機体デザインや登場キャラクターのデザインを北沢直樹が担当しており、グラフィックは旧来のシリーズとは全く別の路線であるがシナリオやキャラクター設定は『1』のリニューアルとなっている。インターフェイス、システム、パーツのステータスの数値は『メダロット弐CORE』のものを使用しており、『1』には無かったメダフォースも採用されている。音楽も山下絹代が担当しているものの旧来のものと異なり、キャラクターデザインも一新されている。

あらすじ[編集]

主人公・アガタヒカルは夏休み、公園で偶然メダロットの命とも言えるメダルを拾う。初めて手にしたメダロットとともに過ごす内、次第に実力をつけたヒカルはロボトルトーナメントを勝ち抜いていくが、徐々に悪の組織ロボロボ団との戦いに巻き込まれていく。(真型メダロットでは主人公はヒカルではなく、ガンマとなる。)

登場キャラクター[編集]

アガタヒカル
初代「メダロット」の主人公。やや内向的ではあるが調子の良い少年。『2』以降は成長した姿で登場。
メタビー
カブトメダルでパーツは「メタルビートル(パワービートル)」を使用。ボナパルトがメダルを拾ってきてヒカルと出会う。
ロクショウ
クワガタメダルでパーツは「ヘッドシザース」を使用。
本名はヨウハク。『2』クワガタバージョンでも登場。基本的には物静かだが、ヒカルのことを「御主人様」と呼び、ひょんなことから女性ばかりの部屋に連れ込まれた際に「このような女性ばかりの部屋ではどうすればよいか困る」と動揺した面を見せた。
秋田キララ
ヒカルの幼馴染で、ヒカルの頭が上がらない相手。北野コマチという姿で陰ながらヒカルをサポートする。
二毛作ユウキ
ヒカルのライバルとなる、メダロット社の御曹司。気障な性格で、イッキでいうコウジにあたる存在。『パーツコレクション2』では主人公。『3』にも登場。愛機は高速移動と高威力が自慢の「ロールスター」。
パディ
ユウキのガールフレンド。愛機は「ベティベア」。『パーツコレクション』では主人公となる。『3』にも登場。
イセキ、ヤンマ、クボタ
悪ガキ3人組。ヒカルの足止めをしたりする。
イセキは『パーフェクト・エディション』でヒカルに好意を持っている節がある。
メダロット博士
メダロット界の権威。本名はアキハバラ アトム。
タイフーン
「チカラヅクのタイフーン」を名乗る。ロボロボ団のリーダー格で、表の姿はセレクト隊のリーダー、タイヨウ。ロボトルディフェンディングチャンピオンでもあった。「魔の10日間」事件における主犯格。「ヘルフェニックス」を使う。
レイカ
「ヒステリーのレイカ」を名乗るロボロボ団幹部。表の姿はセレクト隊女性隊員ミノリ。「ユイチイタン」を操り、海で大暴れした。
イナゴ
「ヨナキのイナゴ」を名乗るロボロボ団幹部。表の姿はセレクト隊幼児隊員ダイチ。「モンキーゴング」を従えて山奥で暴れた。
スズメ
「モノワスレのスズメ」を名乗るロボロボ団幹部。表の姿はセレクト隊老人隊員カカシ。「クローテングー」を従える。
ヒヨコ売り
『パーフェクト・エディション』でセレクト隊を調査していた特別捜査官だと明かす。
秋葉原ナエ
メダロット博士の孫。
宇宙人
メダロットの殖えた地球を監視するために、宇宙から来たメダロット「コスモエイリアン」。セレクトビルから転落したヒカルとタイヨウを助けた。
ミルキー
『navi』などを除きゲーム版のほとんどのシリーズに出演している謎の魔法少女。主に通信のナビゲーターを担当しているが、『1パーツコレクション』では通信ギャルに見せかけたラスボスであったり、『2』ではロボロボ団に協力して子供をさらったり、『5』と『G』ではコイシマルの前に現れては、前者ではロボトルクッキーを、後者ではメダルを与えたりと、トリックスターとして現れる。今は亡きメダロット公式ページでもナビゲーターを担当していた。魔法の掛け声は「メダトルロボトルミルミルキー」。
ボナパルト
ヒカルの飼い犬。メダルを拾ってヒカルに引き合わせた。

登場キャラクター(真型)[編集]

ガンマ
主人公。愛犬カムイがメダルを拾ってくることから全てがはじまる。性格は単なる熱血馬鹿。口は悪いが一応正義感はあるようす。
ビート
ガンマの相棒。カムイが拾って来たメダルをセットされたカブト型。「カブトバージョン」。
セルヴォ
ガンマの相棒。カムイが拾って来たメダルをセットされたクワガタ型。「クワガタバージョン」。
アイリス
ヒロインでありブラスの後継機のメダロットを使用する。変装が好きらしい。相棒はメイリンローブ
リュウキ
主人公のライバルでクラスメート。現在のメダロット社社長の息子。相棒はリギングラクラッツクリニア
シフォン
クラスメートで金持ち。リュウキに惚れている。ラスト直前ではガンマを無視してリュウキとのラブラブぶりをみせた。彼女の持っているメダロットは、可愛いだけではないと戦うたび本人が言っている。彼女のメダロットにはパティという名前がついている。
マスキー
クラスメートの1人でいつも子分2人を連れている。相棒はユナフィ
ピョロリ、ボヨヨ
マスキーの子分。
MP-K隊
オーロをリーダーとするセレクト隊に代わる新たな隊。
ロボロボ団
復活した悪の組織。世界征服が目的。
アズル
ロボロボ団幹部。
ロジョ
ロボロボ団幹部。
アマリロ
ロボロボ団幹部。
謎の男
ロボロボ団幹部。正体は…。
オーロ
MP-K隊のリーダー。真の正体はロボロボ団のボスでメダロット暴走事件に関わった。最終兵器デュオカイザーを開発をしていた。
マンソン
ロボトルの世界大会の決勝で出てくるガンマの実の父。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]
  2. ^ M.B.MOOK『懐かしゲームボーイパーフェクトガイド』 (ISBN 9784866400259)、41ページ
  3. ^ 『真型メダロット』のパッケージ裏より

外部リンク[編集]