相馬其一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

相馬 其一(そうま きいち、1885年 - 1966年)は、新潟県出身の洋画家浦和画家

人物[編集]

新潟県新発田市に生まれる。1905年昭和38年)に上京し、白馬会研究所に入り黒田清輝に師事した。1919年(大正8年)、帝展に「信濃路」出品し特選を受賞[1]光風会会員。埼玉県浦和転居後は高田誠を指導した。

経歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 埼玉の画家たち さきたま出版会 2000年

関連項目[編集]