相生座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

相生座(あいおいざ)とは、岐阜県瑞浪市にある芝居小屋博物館である。正式には美濃歌舞伎博物館 相生座という。

1976年(昭和51年)に開館。ゴルフ場(日吉ハイランド倶楽部)内にある。明治時代地芝居の芝居小屋を移築復元したものである。

江戸時代から明治時代美濃国及び飛騨国では、地元の人々による地芝居歌舞伎)が盛んに行なわれており、数多くの芝居小屋が建てられた。しかし、太平洋戦争により多くは消滅してしまった。この美濃歌舞伎を保存するために開業した施設である。現在は夏の納涼歌舞伎(8月最終土曜)と、秋の敬老歌舞伎(10月第1金曜)の歌舞伎公演が開催されている。

概況[編集]

  • 相生座は、明治20から30年頃に建築された芝居小屋を移築した施設である。舞台部分は岐阜県恵那郡明智町(現・恵那市)にあった「常盤座」、客席部分は岐阜県益田郡下呂町(現・下呂市)にあった「相生座」のを移築復元している。
  • 板敷きの桟敷席、2本の花道、回り舞台を有する。また、舞台下には水槽が備えられているが、これは相生座の杮落としで、市川猿之助による「鯉つかみ」が行われたために設置されたものである。
  • 展示物としては江戸時代からの歌舞伎衣装4500点、鬘など350点、小道具など300点を保管する。これらの展示物は1971年(昭和46年)に日吉ハイランド倶楽部に寄贈された物である。この寄贈を契機に従業員による歌舞伎が行われるようになり、1972年(昭和47年)に美濃歌舞伎保存会が結成。松本団升の演技指導を受けた。このことが相生座の開設となったという。
  • 「日吉山日本刀鍛錬所」「郷土資料館」の他、宿泊施設「日吉宿本陣」が隣接する。

開館時間など[編集]

  • 開館時間:9:00~17:00
  • 休館日:金曜、年末年始
日吉ハイランド倶楽部の営業日により変更あり。
  • 料金:無料
  • 8月最終土曜と10月第1金曜に定期公演をしている。
  • 料金:無料

所在地[編集]

  • 岐阜県瑞浪市日吉町8004-25

交通[編集]

岐阜県の芝居小屋[編集]

岐阜県は地芝居が盛んな地域であり、江戸時代から昭和時代に建設された木造芝居小屋が残っている。主な芝居小屋は以下のとおりである。

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度27分21.4秒 東経137度13分5.8秒 / 北緯35.455944度 東経137.218278度 / 35.455944; 137.218278