相島勘次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
相島勘次郎

相島 勘次郎(あいしま かんじろう、慶応3年12月19日[1]1868年1月13日) - 昭和10年(1935年4月4日[2])は、衆議院議員立憲国民党)、ジャーナリスト俳人としても活動し、虚吼と号した。

経歴[編集]

常陸国筑波郡小田村(現在の茨城県つくば市)出身。慶應義塾大学を卒業後、大阪毎日新聞社に入社。1900年明治33年)から1902年(明治35年)までのアメリカ留学を経て、1906年(明治39年)に大阪毎日新聞社が東京に毎日電報社を創設すると副主幹となり、1911年(明治44年)に大阪毎日新聞社が東京日日新聞社を買収するとやはり副主幹として編集にあたった。

1912年(明治45年)の第11回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第12回衆議院議員総選挙でも再選された。

その後、雑誌『青年』理事[2]や昭和日日新聞社社長を務めた。

脚注[編集]

  1. ^ 人事興信所『人事興信録 第四版』、1915年
  2. ^ a b 衆議院事務局『衆議院議員略歴 第一回乃至第二十回総選挙』、1940年

参考文献[編集]

  • 細井肇『現代日本の政治家』国光社、1916年。