直接行動 (テロ組織)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
直接行動
Action directe
Action Directe.svg
略称 AD
設立 1979年
解散 1987年
種類 テロ組織
法的地位 非合法
目的 西側資本主義を打倒する世界革命
関連組織 ドイツ赤軍
赤い旅団
テンプレートを表示

直接行動(ちょくせつこうどう、フランス語:Action directe アクシオン・ジレクト)は、フランス極左テロ組織。1979年に無政府主義組織「国際革命行動グループ」と毛沢東主義グループ「人民自治武装細胞」が合体して設立した。

活動[編集]

母体となった人民自治武装細胞は、1978年にフランス財界の首脳を誘拐。政治犯を釈放させることを要求したことで高い知名度を得ていた[1]が、合同後は銀行強盗を繰り返した。が1982年頃から「国内派」と「国際派」に分裂。国内派は公共施設、軍、マスコミに爆弾テロを働き、その犠牲者の一人に当時のルノー公団総裁、ジョルジュ・ベス(Georges Besse)も含まれていたが、1987年に当局の取り締まりにより解散した。国際派はドイツ赤軍赤い旅団などの国外のテロ組織と共闘して爆破、暗殺を繰り返したが同じく1987年に当局の取り締まりにより壊滅した。

犯行[編集]

直接行動は50件ものテロ攻撃を行い、その中には1985年には直接行動の一部隊である「エリザベス・ヴァン・ダイク=コマンド」が、フランス国防省の技術将校ルネ・オドランを暗殺したり、サブマシンガンを乱射するといった事件も含まれていた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 仏財界首脳 極左組織名乗り「仲間の政治犯釈放を」『朝日新聞』1978年(昭和53年)1月25日朝刊、13版、1面

関連項目[編集]

外部リンク[編集]