白澤正二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

白澤 正二(しらさわ しょうじ、1913年2月2日 - 1995年1月23日[1])は、日本の実業家。茨城放送社長、会長。朝日新聞編集委員[2]

略歴[編集]

長野県生まれ。1930年(昭和5年)旧制松本第二中学(現長野県松本県ヶ丘高等学校)卒業[3]1936年(昭和11年)旧制松本高校を経て、京都帝国大学卒業。

茨城放送代表取締役社長、会長を務めた。 また、1972年日本記者クラブ会員[4]1978年(昭和53年)7月から1979年(昭和54年)6月まで、水戸ロータリークラブ会長(第29期)を務めた [5]

1995年1月23日午後5時35分、腎不全のため東京都府中市の病院で逝去、81歳[2]。葬儀と告別式は国分寺市の寺院で同月25日午後1時から行われ喪主は妻が務めた[2]

人物[編集]

1970年代前半、霞ヶ浦水質汚染が問題になると、当時、茨城県水質審議会会長を務めていた白澤は、 霞ケ浦の環境基準県案をまとめ、「上水道級」指定の要望を求めるなど、水質汚染問題に取組んだ [6]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、637頁。
  2. ^ a b c 朝日新聞大阪版 1995年1月24日 27面。
  3. ^ [旧制二中3回(昭和5年)卒 P39.参照『昭和55年度会員録 長野県松本県ヶ丘高等学校同窓会』 - 社団法人 長野県松本県ヶ丘高等学校同窓会/編(1980.2)]
  4. ^ 翌3月号 - 日本記者クラブ会員
  5. ^ 伝統・歴史|水戸ロータリークラブ
  6. ^ 「日本列島改造と茨城の三大開発(下)」参照

外部リンク[編集]