白川関右エ門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

白川 関右エ門(しらかわ せきえもん、生年不明 - 明和6年11月23日1769年12月20日))は、江戸時代大相撲大関で、雪見山堅太夫に次いで第2代に数えられる。出羽国(秋田県)出身。伊勢ノ海部屋所属。

宝暦7年(1757年)10月場所、西大関として登場。大関を務めたのはこの場所限りで、次の宝暦8年(1758年)3月場所は西前頭3枚目に番付を下げた。その次の同年10月場所は二段目に落ち、以後幕内(上段)と二段目を往復していた。宝暦11年(1761年)10月場所から下の名を志賀右エ門(しがえもん、志賀右衛門)と改名している。明和6年(1769年)11月、破傷風で急死。初土俵入りの年齢から逆算して、20~30代の若さで没したと推算される。

主な成績[編集]

  • 初土俵:宝暦7年10月場所 大関付け出し(看板大関
  • 新入幕:宝暦7年10月場所 大関付け出し(看板大関
  • 通算成績:62勝33敗10休2分6預8無勝負
  • 幕内(上段)成績:21勝14敗10休1分5預5無勝負
  • 大関成績:不明(勝敗記録現存せず)
  • 幕内在位:9場所
  • 最終場所:明和6年10月場所

出典[編集]

関連項目[編集]