朴成彬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
白南義から転送)
移動先: 案内検索
朴成彬

朴成彬(박성빈、パク・ソンビン、ぼく・せいひん、1871年6月6日 - 1938年9月4日)は政治家で大韓帝国末期の武官。両班朴永奎の長男[1]高霊朴氏[1]朴正煕の父[1]金鍾泌韓丙起のそれぞれの妻(朴栄玉朴在玉)の祖父。朴槿恵朴槿令朴志晩らの祖父[1]でもある。没落両班出身で一時甲午農民戦争に加担することもした。

家族[編集]

※成彬の子女の内、最初に出生して早世した子、東煕は大韓帝国成立前の朝鮮生まれであり、武煕、貴煕、相煕は大韓帝国時の朝鮮生まれであり、在煕、正煕は日韓併合後の朝鮮生まれである。

  • 父:朴永奎(1840年2月10日 - 1914年2月24日)
  • 母:星山李氏[2]
  • 弟:朴龍彬[3]
  • 弟:朴一彬[3]
  • 妻:白南義(1872年9月22日-1949年8月12日)
    • 子:不明(2歳で早世)
    • 子:朴東煕(1895年〜1972年)一説(1895年~1967年 )
    • 子:朴武煕(1898年〜1960年)
    • 女:朴貴煕(1900年〜1978年)一説(1902年〜1974年)
    • 子:朴相煕(1905年9月10日 - 1946年10月6日),共産主義者
    • 子:朴漢生もしくは朴漢煕(1910年〜1928年 )
    • 女:朴在煕(1913年〜1996年9月4日)一説(1912年~1996年 9月4日)
    • 子:朴正煕(1917年11月14日 - 1979年10月26日),大韓民国第5-9代大統領

脚注[編集]