朴槿令

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
朴槿令
各種表記
ハングル 박근령
漢字 朴槿令
発音: パク・クルリョン/パックルリョン
日本語読み: ぼく きんれい
ローマ字 Bak Geullyeong(2000年式
Pak Kŭllyŏng(MR式
英語表記: Park Geun-ryeong
テンプレートを表示

朴槿令(パク・クルリョン、1954年6月30日 - )は、大韓民国教育者政治家社会事業家である。

経歴[編集]

韓国第5代〜第9代大統領朴正煕の次女。母は陸英修、姉は第18代大統領朴槿恵、弟は朴志晩。元夫は豊山グループ創業者の息子、現夫は白石文化大学韓国語版元教授のシン・ドンウク[1]

ソウル大学校音楽大学作曲科卒業[1]1990年12月に育英財団韓国語版理事長に赴任した。1992年には子供交通安全協会総裁に選出された。1997年ハンナラ党に入党した。以後ハンナラ党忠北選挙対策委員会委員長、韓国災難救護総裁、韓国女性囲碁連盟総裁を勤め、現在はバイオ運動本部総裁職[2]

2015年7月30日に、ニコニコ生放送でのインタビューで、韓国が歴史問題で日本に謝罪を要求するのは不当で、日本の閣僚による靖国神社参拝を問題にするのも内政干渉だと発言した[3][4]

2012年4月11日の第19代総選挙には自由先進党から出馬。2016年4月13日の第20代総選挙では夫が党総裁を務める共和党から唯一の比例代表候補として出馬し落選した[5][6]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]