朴志晩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
朴志晩
各種表記
ハングル 박지만
漢字 朴志晩
発音: パク・チマン
ローマ字 Park Jee-man
テンプレートを表示

朴 志晩(パク・チマン、1958年12月15日 - )は、大韓民国実業家。2007年現在、EGテック会長。[1] 第5~9代大統領朴正煕陸英修夫妻の長男。第18代大統領・朴槿恵は姉。

来歴[編集]

陸軍士官学校を卒業後、育英財団理事、三陽産業代表理事等を経て、2000年よりEGテック会長となる。1989年から2002年まで、麻薬法違反の容疑で幾度となく逮捕された。2004年に、16歳年下である弁護士と結婚し、2005年に長男[2]が誕生した。

2005年1月、映画ユゴ 大統領有故』が父親の名誉を毀損したとして、映画制作会社ミョンフィルムと配給会社MKピクチャーズを相手取り、上映禁止仮処分申請をソウル中央地裁に申し立てた。地裁は、一部場面を削除する様、判決を下した。これに対して MKピクチャーズは、2月に仮処分に対して異議を申し立て、朴志晩側も、映画上映禁止及び損害賠償請求訴訟を、3月2日にソウル中央地裁に申し立てた。2006年、ソウル中央地方法院は、損害賠償訴訟金額1億ウォンを原告に支払うよう、原告一部勝訴判決を下したが、上映禁止請求に対しては棄却した。

2014年、55歳にして次男が誕生した。

チョン・ユンフェ朝鮮語)動向」文書流出事件(2013年の尾行事件)では「チョンが最後まで嘘をつけば、その時は私が出ていくだろう」と述べている。[3]

脚注[編集]