町田泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

町田 泉(まちだ いずみ)は、日本芸能マネージャー、元子役である。

人物[編集]

家族の疎開先である宮城県蔵王町にて出生[1]。父親は興業関係の企画者、叔母は女優津田まり子など、身内に芸能関係者が多かった関係[2]から、1956年に劇団若草に入団。同期には松岡きっこ二木てるみがいた[1]

劇団で研修を積んだ後、テレビドラマや教育映画などに出演するが、通学予定の中学が進学校である関係もあり、小学6年の時に劇団若草を退団[2]。その後、『快傑ハリマオ』出演の依頼があり、学業と両立の条件で出演する[2]。出演当時、街頭テレビで本作を何気なく見に行ったところ、出演者であることが気づかれてしまい、周囲に取り囲まれたという[2]

しかし、出演していたために成績が下降してしまい、1クールに出演したのみで降板[3]。そのまま俳優業は引退した[3]。ハリマオに関して2014年に発売された書籍のインタビューでは「現在でも関係者に対して迷惑をかけたという思いは強い」と語っている[3]

その後、ぷろだくしょんバオバブを立ち上げ、更にその後、アーツビジョンの代表取締役を2010年5月まで務めた。

出演作品[編集]

テレビ[編集]

舞台[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 石橋春海 『伝説の昭和特撮ヒーロー 宣弘社全仕事』 コスミック出版〈COSMIC MOOK〉、2014年、34頁。
  2. ^ a b c d e f 『伝説の昭和特撮ヒーロー 宣弘社全仕事』35頁。
  3. ^ a b c 『伝説の昭和特撮ヒーロー 宣弘社全仕事』 36頁。