田部勢津久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田部 勢津久(たなべ せつひさ)は、日本の工学者京都大学大学院人間・環境学研究科教授。主な研究分野は無機材料化学、固体物理化学、固体光物性、発光材料。 レーザー材料分野で有名。2004年にYAG 結晶ガラス(GC)蛍光体を開発した。2007年には、白色LEDのカバーに使う新しいガラス素材を開発した。

略歴[編集]

1982年東海高等学校卒。1986年京都大学工学部工業化学科卒業。1988年京都大学大学院工学研究科工業化学専攻修士課程修了。1990年京都大学大学院工学研究科工業化学専攻博士課程中退。京都大学総合人間学部助手、助教授、京都大学大学院人間・環境学研究科助教授を経て2008年から現職。

日本セラミックス協会学術賞、日本化学会進歩賞、丸文研究奨励賞、日本セラミックス協会進歩賞、国際ガラス委員会 W.E.S. Turner賞、2011JCerS優秀論文賞受賞。

外部リンク[編集]