田宮博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田宮 博(たみや ひろし、1903年明治36年)1月5日 - 1984年昭和59年)3月20日)は、日本の理学、植物博士。微生物学者。専攻は、植物生理学、細胞生理学。光合成の研究により世界的評価を得た[1][注釈 1]

大阪市出身。医学者の田宮猛雄の弟。また、チェロの演奏家でもあり、民谷宏の変名で、諸井三郎河上徹太郎らと共に樂團スルヤを組織した[2]

略歴[編集]

1926年(大正15年)東京帝国大学(理学部植物学教室)卒。ドイツ,フランスに留学後、1939年(昭和14年)同大学助教授、1943年(昭和18年)東京帝大教授(理学・植物学)[1]1946年(昭和21年)財団法人徳川生物学研究所所長に就任。1955年(昭和30年)東京大学応用微生物研究所教授 、1961年(昭和36年)東京大学応用微生物研究所所長。

1963年(昭和38年)「光合成微生物クロレラの研究」により藤原賞受賞。1965年(昭和40年)「同調培養によるクロレラの生理ならびに生化学的研究」により日本学士院賞受賞。1970年(昭和45年)日本学士院会員。1977年(昭和52年)「細胞生理化学分野の功績」により文化勲章受章。文化功労者。1984年(昭和59年)3月20日東京にて逝去[1]。享年81。

論文・記事[編集]

  • セロイディン用自動式ミクロトームノ新考案ニ就テ『植物学雑誌』第38巻 455号 1924年
  • 細菌、酵母其他ノ培養液ノ時間的觀察ニ用ヒラルベキ「恒比表面壜」ノ意義ト理論『実験医学雑誌』第9巻 1号 1925年
  • Aspergillus屬による酒精醗酵に就て(三輪保三郎と共著)『日本化學會誌』第49巻 7号 1928年
  • 細菌生體ノ分光化學的研究(矢追秀武と共著)『実験医学雑誌』第13巻 2号 1929年
  • 糸状菌の代謝生理に於ける炭素源の意義に就て 東京帝國大学博士論文 1932年
  • 歐洲ノ生物學界ノ近況『実験医学雑誌』第20巻 1号 1936年
  • 光合成に於ける暗反應機作の反應速度論的解析(藤茂宏、三井早苗と共著)『植物学雑誌』第61巻 717-718号 1948年
  • 光合成の機作に就て『植物学雑誌』第61巻 719-720号 1948年
  • 光合成機作の間歇照射法による解析(千葉保胤と共著)『植物学雑誌』第61巻 721-726号 1948年
  • 核酸及び核蛋白質〔書評〕『自然』第6巻 8号 1951年
  • 藻類の発育過程に関する二三の速度論的考察『植物学雑誌』第64巻 759-760号 1951年
  • 藻類発育の理論に関する補遺〔英文〕『植物学雑誌』第64巻 11-12号 1951年
  • 光合成について『高分子』第3巻 10号 1954年
  • 単細胞藻類の工業的生産について『醗酵協会誌』第12巻 12号 1954年
  • クロレラの発育生理(同調培養による研究) 『生化学』第27巻 1号 1955年
  • クロレラの大量培養に関する諸問題『化学の領域』第9巻 11号 1955年
  • 光合成『科学』第27巻 10号 1957年
  • インド植物生理学会の設立―最近小生あてに知人Delhi大学のJ. J. Chinoy教授のもとから下記の知らせが送られて来た 『植物学雑誌』第71巻 840号 1958年
  • 生物生産に関するシンポジウム 植物プランクトンの栄養生理『水産増殖』第8巻 4号 1961年
  • 光合成研究の歩みを顧みて『化学』第17巻 4号 1962年
  • 阻害法による光合成機作の研究『化学』第17巻 4号 1962年
  • クロレラのCell Ageについて『日本植物生理学会報』第3巻 2-3号 1963年
  • クロレラの生活環における生化学的諸現象『生化学』第35巻 3号 1963年
  • 最近における生物学の歩み『科学基礎論研究』第7巻 1号 1964年
  • わが国における光合成研究の黎明期『蛋白質核酸酵素』第10巻 14号 1965年
  • 自然水域におけるプランクトン量の微量分析的定量法 (予報)(岩村達一、金沢保、柴田和雄、森村砧次、市村俊英、前田修と共著)『日本海洋学会誌』第23巻 5号 1967年
  • IBPについて(IBP第2、3回シンポジウム) 『日本生態学会誌』第17巻 6号 1967年、第18巻 5号 1968年
  • 細胞呼吸の研究のころ(丸山工作と共著)『科学』第48巻 12号 1978年
  • 思い出すことども 1、2、3『自然』第34巻 7、8、9号 1979年
  • 論文の国際性について(人―仕事と意見)『生化学』第53巻 4号 1981年

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 田宮による研究を基にクロレラの新しい培養法が開発された。

出典[編集]

  1. ^ a b c [1] - 『デジタル版日本人名大辞典Plus』講談社コトバンク
  2. ^ 中島健蔵『証言・現代音楽の歩み』(講談社、1978)p.93。