田中長三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

田中 長三郎(たなか ちょうざぶろう、1885年11月3日 - 1976年6月28日)は、日本の農学者台北帝国大学農学部東京農業大学農学部、大阪府立大学農学部等の教授を歴任。学位農学博士東京帝国大学)、理学博士九州大学)。勲三等瑞宝章、勲三等旭日中綬章受章者。

ミカン科植物、中でも柑橘属の分類研究の世界的権威としてウォルター・T・スウィングル (Walter Tennyson Swingle) と並び称される。生涯に渡って研究を重ね、分類した種は柑橘属だけで159種(その他、未分類3種)に及ぶ。またウンシュウミカンの代表的品種である宮川早生の発表やセミノールの導入など、現在の柑橘産業に多大な貢献を果たした。

略歴[編集]

主な著作[編集]

  • 『温州蜜柑譜 (A Monograph of the Satsuma Orange)』台北帝国大学、1932年
  • 『柑橘の研究』養賢堂出版、1933年
  • 『世界食用植物事典 (Tanaka's Cyclopedia of Edible Plants of the World)』啓学出版、1976年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 博士露文書誌データベース
  2. ^ 博士論文書誌データベース