田中達也 (実業家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 達也(たなか たつや、1956年9月11日 - )は、日本の実業家。福岡県出身。富士通代表取締役社長[1]を経て、同社取締役会長レジオン・ドヌール勲章受章。

略歴[編集]

1956年9月11日生まれ、福岡県飯塚市出身。福岡県立嘉穂高等学校を経て[2]東京理科大学理工学部経営工学科卒業後[3]、1980年4月に富士通に入社。国内営業部門において大手鉄鋼、石油、化学などを担当。

2000年4月には産業営業本部 産業第二統括営業部 プロセス産業第二営業部長に就任。

2003年4月から6年8カ月にわたって、富士通(上海)有限公司に赴任。日本での産業ビジネス本部長代理(グローバルビジネス担当)を経て、2012年4月に執行役員(兼)産業ビジネス本部長に就任。

2014年4月には執行役員常務(兼)Asiaリージョン長として、シンガポールに常駐。

2015年1月19日、副社長への昇格と同年6月22日付にて山本正已の後を受けて社長に就任することが発表された[4]。2017年1月25日、フランス共和国エリゼ宮殿の叙勲式でレジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを受章[5]。2019年6月、取締役会長に退いた[6]

脚注[編集]


先代:
山本正已
富士通社長
2015年 - 2019年
次代:
時田隆仁
先代:
山本正已
富士通会長
2019年 -
次代:
(現職)