田中萃一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 萃一郎(たなか すいいちろう、明治6年(1873年3月7日 - 大正12年(1923年8月13日)は、大正期の歴史学者東洋史学者、法学博士。日本東洋学の草分けで、専門は近世中国研究。

経歴[編集]

静岡県田方郡大竹村(現函南町)生まれ。

明治25年(1892年)、慶應義塾大学部文学科を卒業。在学中はドイツ人のお雇い外国人・ルートヴィヒ・リースに師事。卒業後、静岡県伊豆中学校校長となり、その間に『東方近世史』を執筆。明治38年(1905年)からイギリス、ドイツ、フランスに留学し、ライプツィヒ大学で高名なカール・ゴットハルト・ランプレヒト博士に師事し、研究を開始。明治40年(1907年)帰国後、明治43年(1910年)に慶應義塾大学に史学科を創設するにあたり、中国の史書を積極的に取り入れて、中国と西洋の史学比較研究を通じて近代歴史学を構築。

大正8年(1919年)に法学博士となり、三田史学会を創設。大学で東洋史を教授し、大正10年(1921年)には東京商科大学で国家学概論も担当したが、大正12年(1923年)に新潟県の瀬波温泉で脳溢血のため惜しくも早世した[1]。一部の著作は東洋文庫に保管されている。

著書[編集]

  • 『東方(邦)近世史』
  • 『伊豆人物史』
  • 『元の官吏登席法』
  • 『義荘の研究』
  • 『田中萃一郎史學論文集』

訳書[編集]

  • 『蒙古史』
  • 『歴史哲学』

脚注[編集]

  1. ^ ドーソン『蒙古史』田中萃一郎訳、下、岩波書店、1987年、399頁

参考文献[編集]

  • 『東洋史辞典』 創元新社 1961年